インテリアの専門学校に通う【民間資格から国家資格まで様々】

ニュース一覧

業界で必要とされる人材へ

荷物

知識と実践力を身に付ける

旅行業界は人気の就職先の一つであり、就職を目指す多くの方が専門学校で学んでいます。旅行専門学校の数は多く、ホテルやブライダルを含めると300近い専門学校が日本にあります。専門学校び設置される専攻には、トラベル、ツアーコンダクター、トラベルプランナー、国内旅行、海外旅行など様々な専攻があり、これらの全ては旅行をプロデュースする為に欠かせない専門性を持っています。専門学校以外に観光系学部のある大学がありますが、違いは就職率の違いにあります。専門学校から旅行業界への就職率は約100%ですが、大学の観光学部からは10%程度の就職率に留まってしまいます。この違いは、専門学校の国家試験対策、インターシップ、就職対策、実習授業などを実施しているのに対し、大学では各自独学で国家試験対策をしたり、有料のセミナーで就職対策をしている事が挙げられます。また、専門学校では現場で通用するスキルを身に付ける為に専門知識を実践しながら習得するのに対し、大学ではあくまでも観光を学問として学んでいる現実があります。旅行専門学校の多くは観光会社と太いパイプで繋がっており、旅行会社とコラボしながら実践を踏むことが可能です。その為、旅行のプロと同じ現場で一緒に学ぶことが可能で、業界で必要とされる知識や実践力を効率よく学ぶことが出来るのです。将来の夢を具体的に追求できるのが旅行専門学校の特徴であり、他の教育機関と大きく異なっています。