インテリアの専門学校に通う【民間資格から国家資格まで様々】

ニュース一覧

女性

観光科に入学

旅行の専門学校を選ぶ際の基準ですが、観光科のような実践的な授業を行っているところに入学しましょう。観光科では、生徒達が観光ツアーに参加したり、旅の手配をすることで、多くの知識を身につけることができるでしょう。

勉強

様々な空間デザインの勉強

インテリアの専門学校では幅広いカリキュラムが提供されています。これは就職した後で現場で役立つ実用的なスキルです。また、インテリアデザインだけではなく、施工法や企画の立案など実務的な能力を身に着けることも可能です。

荷物

業界で必要とされる人材へ

旅行専門学校では、限られた2年間で実践に役立つスキルを身に付けスペシャリストとなります。その為、旅行が好きでないと務まらない仕事と考えられ、具体的な自分の将来の夢を旅行専門学校で具体化させる気持ちが必要になります。

PICK UP

女性

観光科に入学

旅行の専門学校を選ぶ際の基準ですが、観光科のような実践的な授業を行っているところに入学しましょう。観光科では、生徒達が観光ツアーに参加したり、旅の手配をすることで、多くの知識を身につけることができるでしょう。

勉強

様々な空間デザインの勉強

インテリアの専門学校では幅広いカリキュラムが提供されています。これは就職した後で現場で役立つ実用的なスキルです。また、インテリアデザインだけではなく、施工法や企画の立案など実務的な能力を身に着けることも可能です。

取れる資格をチェック

インテリア

基礎知識と注意点

インテリアは人の生活に欠かせないものです。個人宅でも重要なポイントとなりますが、店舗や舞台、施設などを作るときにも重要となります。インテリアに携わる仕事は多様なものがあり、それを学ぶための専門学校も様々です。インテリア関係の学科がある専門学校は全国にも多数存在し、それぞれ特色があります。専門学校を選ぶときは、どのような資格が取れるのかを確認してから選ぶべきです。インテリアに関係する資格は、民間資格から国家資格まで様々なものがあります。国家資格として最も強みとなるのは建築士です。建築士の資格があれば、就職にも非常に有利になりますし、開業するときにも助けになります。建築はインテリアよりも建物の基礎に関わる部分なので、目指す方向と違うと感じる人もいるかもしれませんが、根っこのところでは深く関係しています。そのため勉強しておいて損はない分野です。ほかには、コーディネーター、デザイナー、プランナーといった資格などがあります。それぞれ特徴が異なり、取得する目的も違いますが、関係性が深いので複数取得している人も多いものです。資格は体系的な知識の裏付けとなるものなので、専門学校を選ぶのならばなるべく多くの資格を取れるところ、取得のためにサポートがあるところを選ぶとよいでしょう。資格は消えないので、新卒就職のときだけでなく、転職のときにも役立ちます。また実際にどのくらいの人が取得したのか、取得後どのような進路に進んだのかも調べておくのがおすすめです。

インテリア

幅広く学べる

インテリアの専門学校では、設計の方面とデザインの方面を入学してから選ぶことができるという特徴があります。最新のデザインや流行を学びながら実践していけるため、インテリアが人気な現代に欠かせない学校となっています。

バッグ

業界で働くために

旅行・ホテル業界で働きたいと考えている方が、進学先に選んでいるのが観光専門学校です。基礎的なことから始め、実地研修まで旅行業界で働くために必要な知識や技術が身に付けられると評判もいいです。観光専門学校の学費は、入学金授業料を合わせて約130万円ほどです。